立花岳志さん札幌セミナーで受け取ったのは発信を継続することのパワー。

6/2(土)札幌 立花岳志新刊出版記念セミナー「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」
に、行ってきました。

2年前にも札幌でセミナーが開催されましたが、申込みしたものの何かの行事と重なり行けなかったので今回こそ。参加できて嬉しかったです!

午前中は長男の運動会だったので、はしゃぎ過ぎず体力を温存して臨みました。

たくさんヒントやパワーをいただいたのでシェアします。

情報発信を継続することで広がる可能性は無限。とにかく、止めないこと

輪郭がはっきりしてて、スラリ長身で、とってもすてきな立花さん

インターネットでできることは、情報発信と交流の二種類に分けられる。

ほとんどの人は情報を受け取ることと、近況報告することしかしていない。

今日はランチにこれを食べたよ、こどもの入学式でしたよ、引っ越しましたよ、などが、交流。

情報発信とは、身内だけでなく、第三者にとっても役に立つ、喜ばれるもの

好きな分野、興味のある分野での情報発信を続けることで、”その分野について詳しい人”と認知されるようになり、”専門家”として活動する道も開けてくる。

(最近、「マツコの知らない世界」っていうテレビ番組が面白くて見てるのだけど、ああいうことだよなーって思った。餃子にめっちゃ詳しい人とか。下水道マニアの人とか。とても奥が深くて、話を聞いててとてもおもしろくて好き。私は何を話せるだろう。何を話せる人に、これからなろう。)

ハードルをどこまで下げたらできるのか、自分で調整する

情報発信でまず大切なことは質より量より、継続すること。自分が継続できるところまでハードルを下げる。

写真一枚と、文2行でもよしとする。とか。

自分でハードル上げてしまって継続できなくなってしまうパターンあるよね。うんうん。

情報革命の真っ只中。世界がこれからどうなるかは、わからない

人口が激増した農業革命からの、格差が広がったりした産業革命からの、今は情報革命真っ只中なのですね。

情報革命によって人の暮らしは、どういう方向に行くのだろう。

誰にもわからないけど、大きな変化の渦の中に生きているって、すごい経験をさせてもらってるのかもな、と思います。

きっと良い方向に向かうような気がする。

なりたい自分チャレンジの過程をシェアしていくことで起こるミラクル

なりたい自分、例えばヨガの先生になりたいとか、人気のラーメン屋をつくりたい、というような目標に向けて、その過程をこまめに発信していくことで、興味を持ってくれる人や応援してくれる人が現れる。

いざ、ヨガ教室をスタートします、ラーメン屋さんを開店しますと言ったときに、過程を発信せずに黙々と準備していた場合は身内とそのつながりくらいしか期待できないけれど、ここまでの過程をシェアしてつながりを作っていた場合スタートと同時にたくさんの人が足を運んでくれる状態をつくれる。

まだ完成してないから発信しない、ではなくて、途中過程も全て発信していくことでたくさんの繋がりをつくり出すことが可能なのです。今すぐにでも、始めなくては勿体無いという気持になりますね。

今の自分にできる方法で、ハードル低めでコツコツスタートしよう

何者になりたいかわかんないから書けない、ではなくて、何者になるかわかんないけどまず書き続けるでよい。

完璧なものなんて作れないし、完璧じゃなくたって、それに価値を感じてくれる人がいる。

私はこれまでブログを何度も立ち上げたけれど、継続できずに消しては作り、消しては作りしてきたけれどその勿体無かったことよ。

まずは、”継続すること”だけをシンプルに追求していこうと思った

立花さんにたくさんのパワーをもらいました。それぞれの細かい項目を別記事で改めてシェアしていくつもりです。

ありがとうございました!

立花さんの新刊。情報発信したくてうずうずしてきます